私が中学生の時の2年生の理科の先生のおかげです。
私は理科がとても嫌いになってしまいました。
もしかしたらあの先生が科学とか物理とか生物とか散り十勝 gackt 仮装ユリ科の木曽
ちゃんと教えてくれることができている人だったら自分が好きになりそしてもしかして私は理系に進んでいたかもしれません。
高校に入ってから本当に入りか私にとってちんぷんかんぷんなものになりました。
どこに多くの女子校生は何する気持ち悪いという風に藤野先生を扱うかもしれませんが私の物理麻先生化学の先生は本当に苦手でした。
生物の先生も苦手でした生物の先生は今でも覚えているのですが
黒板にものすごく大きい字で書いて一体何を書きたいのかという風にとても困るときがありました。
でも今懐かしく思い出したのですが生物の先生のわかりやすい授業のおかげで
私はなんとかかんとか生物でセンター試験を突破したのでした。
ありがとうございます。
その時の先生の名前覚えを忘れてしまいました。